無修正アダルト動画サイトは違法?合法?

無修正の有料アダルト動画サイトから、動画をダウンロードして所持・視聴することの違法性についてですが、まず結論からいうと「限りなく合法」という考え方が一般的です。私も法律の専門家でないので断言はできませんが、一般的な世間の解釈としては、合法(違法ではない)という認識です。

どんなことが違法なのか?

日本国内では、無修正のアダルト動画を不特定多数に販売したり、上映することは法律で禁止されてます。(わいせつ物頒布罪、わいせつ物陳列罪、わいせつ物販売目的所持罪)

ウイキペディア わいせつ物頒布等の罪

要は、商売として無修正アダルト動画を持っていたりすることはNGですよ!ということになります。

ダウンロードして視聴するのは合法?

日本国内では、無修正の動画を視聴、所持することに対する罰則はありませんので「合法」であるといえます。例えば、カップルでハメ撮りした動画をカップルで所持・視聴することは犯罪でしょうか?お互いに合意の上であれば、なんら問題のない行為ですよね?ただし、この動画を販売したり料金を取って上映会を開いたりしたら犯罪です。

週刊ポストの記事から以下のような内容も見つけました。

弁護士の岡田崇氏が解説する。

「インターネットで猥褻動画を公開して他人に見せると猥褻電磁的記録頒布罪(刑法175条)に当たりますが、無修正サイトは海外で、海外のサーバーにデータをアップロードして動画を配信しているため日本の刑法を適用するのが困難とされ、放置されているのが現状です。無修正動画を個人で視聴すること自体は刑法でも犯罪とはされておらず、見る側が逮捕されることはありません」

 警察庁生活安全局保安課も同様の見解を示した。

「あくまでも猥褻な文書や図画、電磁的記録に係る記録媒体などを頒布し、または公然と陳列した者は罰せられるというもので、個人的に楽しむ目的で海外の動画を購入したとしても罪に問われることはありません。ただし児童ポルノは罪に問われるほか、個人使用を超えて第三者が閲覧できるような状態にすると取り締まりの対象となります」

 したがってダウンロードした動画を自分で別の動画サイトにアップしたり、知人に販売、貸与したりすれば罪に問われる可能性が出てくる。
※週刊ポスト2015年4月3日号より

合法であるというネット上の声

無修正のアダルト動画でも「児童ポルノ」だけは絶対ダメ!

無修正のアダルト動画を所持・視聴することに違法性は無い・・・といっても、児童ポルノだけは無修正・修正有りにかかわらず、絶対に所持・視聴してはいけません。修正があろうが無かろうが、児童ポルノは所持しているだけで違法です。
海外サイトでは、まれに有料・無料を問わず児童ポルノサイトがありますが、画像を保存したり、ましてや会員になって動画を視聴したりダウンロードしてはいけません。

それに加え、児童ポルノかどうか判別しづらいような、若い女の子(18歳未満と思われる)を売りにしているようなサイトも近寄らないことです。「知らなかった・・・」では通らないので注意しましょう。

もちろん、ここで紹介している有料アダルトサイトには、そのようなサイトはありませんのでご心配なく^^

Scroll Up